白夜の夜明け 1

陽が登り 宵が訪れ

星々たちが眠りはじめれば 光明が射す

久遠という刹那の瞬きの中で

僕たちは出逢い 別れてゆく

まるで星屑のような儚い想いを胸に

僕たちは悠久の刻(とき)を刻むだろう




そしてまた 運命の刻が動き出す―――




久遠の瞬き 星屑の一雫シリーズ 第1弾

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ