序章


夢は夢で終わるとおもってた。

ここに来た意味があるとするなら。


それは。




私は自分がただしいと思う道を進むよ。

.

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ