【掌編】

□【掌編】十七話
15ページ/46ページ

 デイジーはしつこいあたしに辟易したような表情で、ぽつりと。

「あの車、気になって」

 え? とあたしは販売カーを見る。でも、どこにでもあるような造形の、ごく平凡な焼き芋屋さんだ。もしかして、デイジーはこの車に何かこう犯罪の萌芽みたいなのを見つけたとか……? クラスのいじめられっこは、実は人知れず活躍する名探偵?

 ドラマチックな妄想に期待で胸を膨らませたが、わくわくしているあたしとは裏腹に、デイジーはいつもどおり無表情のまま。

「この販売カーって、……いつ芋を補給してるのかなって」

 ずっこけそうになった。

「あと、石焼き芋〜♪ っていう売り口上は運転手さんが言ってるのか録音なのか、どういうルートで町を巡ってるのか、どういう営業戦略なのか――とか、気になって」

 この娘も好奇心だけで行動してたーっ!?
 いや、いいけどさ――ミステリアスな印象がだいぶ台無しなんだけど。

「えっと、それだけの理由で授業脱けだしたりしたの?」

「学校はつまらないし、寝てるだけよりは有意義かなって」

「それは同感だけどさ。そういう、どうでもいい疑問は――いま解決しなくちゃいけないことなのかしら?」

「ううん、べつに」
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ