【掌編】

□【掌編】十七話
19ページ/46ページ

 お買い物をするときに地元民がよく利用する、ちいさな商店街だった。
 もうじきクリスマスだからか電飾があちこちで輝き、ちいさな雪のつぶがちらほらと、傘は必要がない程度に舞い踊っていた。人混みのなか、すぐにふらふらといなくなるデイジーを見失わないように、はぐれないように手を繋いで。

 彼女はいつでも脱力していて、握る手のひらもだらりと垂れさがっているだけで――だからこそ、あたしは二倍ぎゅってちからをこめた。
 過保護な親とチャラ男にもこもこに防寒させられ、服の重みにぐったりしていたあたしの横で、デイジーは見るからに寒そうな制服姿だった。

 暑さ寒さをあんまり感じないのか、鈍感なだけなのだろうか。
 でも、鼻の頭がほんのり赤くなっている――冷えていないわけではないのだ。
 彼女も人間である。

「ねぇ、みっちゃん」

 デイジーはふと、まだ耳に慣れないあたしの愛称を口にして。

「寒いの? さっきから、すごく震えてるよ?」

「こっちの台詞なんだけど――あんた、そんな格好じゃ風邪ひくわよ?」

「ん〜、さっき缶珈琲飲んだからだいじょうぶ」

 なんて会話しながら、のんびりウインドウショッピング。ちなみに商店街のなかには車は入ってこれないので、チャラ男はそのすぐそばに置いてきた。まぁ、あの男は運転さえできれば幸せな安い人種なので、そんな扱いにも不満はなさそうだったけど。
次へ
前へ  


[戻る]
[TOPへ]

[しおり]

擬人化アンケート




カスタマイズ


©フォレストページ