【掌編】

□【掌編】十七話
30ページ/46ページ

「亡々宮お姉さん、こんなところで何をしているんですか?」

 相変わらず馬鹿丁寧な口調で問われたが、う〜む――説明が難しいわね。

「姉に用ですか?」

「いや、今日――ってか最近、よくデイジー学校休むから、心配で……」

 しどろもどろに言うと、鞠和ちゃんは「はあ」とこれ見よがしに溜息をついて。

「深入りしないほうがいいと、忠告をしたつもりだったんですけどね。子供の意見と馬鹿にせず、きちんと聞いていただきたいものですが。……まぁ、いいでしょう」

 なぜか一瞬、これもデイジーにもらったのだろうやけに武骨な腕時計に視線を向けて。

「もう終わったころでしょうし、お見舞いぐらいならどうぞ――お姉ちゃんも、亡々宮お姉さんに会えるのは嬉しいでしょうから」

『もう終わった』って、何が?
 聞きたかったけれど。

 疑問を口にする前に、鞠和ちゃんはつるつると滑りながら屋敷の正門へと向かっていく。あたしは、ついていくしかなかった――。
 観光名所のような大門をくぐり、広々とした庭へ。

 相変わらず荒廃している。地面には大量の車のタイヤの跡。吸い殻などのごみ。何かの祭のあとみたいだ、はっきりと異臭もする。何かを燃やしたみたいな……。それも、変な麻薬とかそういう、脳にくらくらくるようなものを。
 敷地面積だけなら、球技大会とか開けそうなぐらいだ。ずいぶん奥に、木製平屋造りの屋敷が鎮座している。これまた立派な、けれど朽ち果てている、戦国時代から発見されずに放置されてた建物みたいだ。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ