【掌編】

□【掌編】十七話
34ページ/46ページ

「ま、いつもどうりですよ――おっと」

 玄関扉が奥から開き、これも見覚えのある禿頭の巨漢が顔をだした。こっちはたしか、寿、といっただろうか。鷹丸に寿。妙におめでたい名前だ、偽名とかだったりして。

「だいじょうぶだよコトちゃん、ただのお客さん――」

「…………」

 鷹丸の言葉に、寿は相変わらず無言で頷く。扉を閉めてでてくると、仁王立ち。てこでも動かぬ、入りたければ我を倒すがいい、って感じなんだけど。どうも歓迎されていない。
 しかしこの二人、いったい玄関で何してるんだろ。門番、とかだろう――こんな盗むもの何もなさそうなボロ屋敷で?

「どうぞお姉さん、こちらです」

 不気味な二人組に怯んでいると、鞠和ちゃんがあたしの制服を引っぱってくる。そのまま、玄関扉の横を素通りし、狭い通路へ。どんどん奥へ――。

「あそこの正面入口は、ふだん、あたしたちは使えないんです」

「ど、どういうこと? ここ、あんたたちの家でしょ?」

「そういう決まりなんです」

 逃げるように急いで移動する鞠和ちゃんに、あたしは戸惑いながらも、じっとこちらを見据える鷹丸と寿が怖くて渋々とついていく。あの二人を突破して無理に押しいる理由もないし、腕力もないし。
 まぁ、いかにも旧家、って感じだし――いろいろ、面倒くさいしがらみがあるのかしら。我が家だってそうだし、と深くは考えなかったけど。
次へ
前へ  


[戻る]
[TOPへ]

[しおり]

妄想アンケート3




カスタマイズ


©フォレストページ