【掌編】

□【掌編】十八話
15ページ/24ページ

「うっ――ぎゃぁぁああああああああああああああああ!?」


 ものすごい悲鳴が聞こえてきた。
 僕らはぎょっとして、青ざめ思わず互いに手をとりあい、怯える。
 な、何だ今の声……?
 どこから……?

 すぐに僕は気づく――真上だ、悲鳴がだんだんおおきくなって近づいてくる。僕は素早く顔をあげて、まさに仰天した。
 誰かが落下してくる。

 立ち尽くすんだ僕たちを目がけて、隕石のように。

「どけ、どけぇええ! 危ねぇええ、ひいいいい!?」

 絶叫しながら手足を振りまわし、血の気を失っているのは――落ちてくるのは、話題の秦軍辞である。相変わらずの目つきの悪さと、いちど坊主頭にしてから何とかここまで伸びたというような、不揃いのツンツンした髪の毛。
 麻呂中の制服を風にはためかせ、なぜか軍辞は墜落してくる。

 その顔面が確実に僕に激突するコースだが、咄嗟の事態に僕はどうにもできず、「ふゃあ!?」と変な声をあげて頭を抱え蹲るしかなかった。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ