【掌編】

□【掌編】十九話
10ページ/16ページ

 ボールもさほど速度はでずに、ひゅるひゅるひゅる、と放物線を描いて軍辞の胸元に届き――軍辞は、さすがは元・野球部か、ごく気楽にそれを受けとった。

 むしろ、ナイスパスって感じなんだけど。

「やりますわね、軍辞!」

 とまとが過剰に褒めているが、今のは幼稚園児でもかんたんにキャッチできたんじゃないか。軍辞は頬を掻き、片手でバスケットボールを掴むと(すごい握力だ)かるく振りかぶって。

「できれば、野球部の連中とは会いたくないし――まぁ、ちゃっちゃと勝たせてもらうぜ」

 言いながら、ボールを放ってきた。

 それは、すぐ真ん前で姿勢を崩しよろけていた誠のわりと豊かな胸に「ぽよ〜ん」と当たり、おおきく真上にバウンドする。

「きゃんっ!?」

 誠がちょっと女の子らしい声をあげて、尻もちをついた。軍辞も手加減していたようなのに、キャッチどころか反応もできておらず、誠は目を白黒させて「いったぁ……」と呻いている。

 M字開脚して、お尻をさすると。
次へ
前へ  
└ フォレストページ姉妹サービス ┘


[戻る]
[TOPへ]

[しおり]

擬人化アンケート




カスタマイズ


©フォレストページ