【掌編】

□【掌編】二十話
23ページ/28ページ

 彼女は車内が揺れているのをいいことに、やたら弟に密着しては強引に遠ざけられていて、でも何だかそれが嬉しそうだ。変な姉がいる気持ちはわかるので、すこし軍辞に共感する僕である。

 車内にいるのは、運転手を除けばそれで全員らしい。う〜む、資料によると〈秘密結社〉にはあと二名ほどメンバーがいるはずだけど。不参加なのか、僕の位置からは見えないだけなのか、よくわからない。

 そのまま車は壊れそうな音をたてながら停車し、運転席が開いて、そこから「ひょろり」と誰かが姿を見せた。

 中学生だらけの車内では引率の先生にも見える、けれど髪を染めやや流行遅れの格好をだらりと着こなした、ちゃらちゃらした雰囲気の男性である。大人だけど、年齢不詳だ、まだ大学生ぐらいにも見える。

 鼻筋の通ったそこそこ美形といえる風貌なのに、何だかいじめられ癖がついてるような、弱気そうな態度である。

 こいつはデータにないな――誰なんだ、いったい。

「こんにちは、今日は運転を任せちゃってすみませんねえ」
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]

SNSアイコン描きます




カスタマイズ


©フォレストページ