【掌編】

□【掌編】一話
1ページ/41ページ

「『果汁百%』とか書かれてる野菜ジュースを見ると、にんじんとかが『俺は野菜だよ! 果物じゃねぇ、だから果汁なんかださねぇ――野菜としての誇りをもって生きてるんだ!』って叫んでるような錯覚をおぼえますの」

「……だから何だよ」

 放課後、〈アジト〉に赴いた軍辞は、珍しくとまとと二人っきりになった。
 この二人は犬猿の仲なので、話題が弾むわけもなく、かといって沈黙しているのも耐えられないので、意味のない遣り取りをしているが。

 もと五十メートルプールに絨毯を敷き、座布団を置いただけのうら寂しい空間でふたり横並びになり、互いに切っ先を向けあうかのように緊張しているのも疲れた。
 軍辞はプールの片隅に置かれたTVに気づき、ふと提案してみる。

「あの、TVでも見るか?」

「TVは俗物どもを洗脳する邪悪な電波発信装置です。当然、そのTVは電波を受信できないようにコーティングしてあります。NHKすら受信しませんわ」

「何のためのTVだよ!」

「そもそも、わたし――TVが大嫌いですの。バラエティ番組とか、ワハハハハとか笑い声が響くたびに、自分が嘲笑われているような気分になりますわ」

「被害妄想だよ! TVの中のひとはおまえなんかに興味ねぇよ!」

 面倒くさい女の相手をするのに疲れたので、軍辞はTVのそばに移動し、あちこちガチャガチャいじくってみる。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ