Eternal BlueRose





いつも感じていた優しいさ

それと同時に感じた距離


決して報われたいとは思わない









月夜のしたで
手をさしのべられた時に


私の運命は変わりはじめた






『――すきじゃない人でも抱けるの?』


『抱けるよ』





即答する彼方の目は冷たかった..





表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ