鳥籠-トリカゴ-





 ――自由なんてない

 あるのはバラバラに脱ぎ捨てられた服と
 体中にめつけられた


  ごくごく
 普通の高校生だった
 橘 棋理(タチバナ キリ)

 学校いちの学力をほこり
 謎につつまれた
 一ノ瀬 徳信(イチノセ トクシン)



 貧乏だったわたしの家は
 四年前の父の他界以来
 一ノ瀬家のメイドとして働いてた。


 その繊細な才能と美貌をもつ少年に
 棋理はい込まれてゆく..








「‥‥っおねがい‥やめて‥」


「奴隷はしゃべるな」







――嗚呼、  


神様はわたしを  

助けてはくれない‥  



‥+.

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ