灰色スペクトル

□優等生と不良君
1ページ/15ページ



日常。

高校生になれば退屈な日常も少しは変わるかと思っていた。

そして俺の望み通り、それはほんの少し変わった。

早くなった起床時間。

着る制服。

乗る電車。

学校。

しかしそれも、1ヶ月と経たずに日常へと埋もれていく。

高校に入学して3ヶ月経ち、俺の立ち位置は決まった。

学年で1番頭が良くて話しかけづらい、クラスで少し浮いた優等生。

中学の頃と何ら変わらなかった。

元より変わる気なんかない。

持って生まれたこの平凡な容姿のおかげで、俺は目立たず平穏にただ毎日を過ごせている。

ただ、ほんの少し。

一欠片だけ、普段とは違うことがしてみたかった。

誰にでもある『魔がさした』というヤツだ。
 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ