刻みを止めた時計


うぇるかむ とぅ まぃ ほーむぺーじ[??]

ようこそ、わたしの、ほーむぺーじ、へ…[?]


……あーこんなカンぺみたいなの読んでらんない!!

頭変なっちゃうよ!!

改めまして、ようこそ、我がホームページへ!!

君がトキを刻むことを止めてしまった時計545台目だね?

まったく…


あ、いや、なんでもないよ((ニコ

さて、君の心が安らぐまで、此処に居ると良いよ


元持ち主に復讐しようなんて考えちゃダメだよ?


君の身体をその硬い物から解放してあげる。


・・・、その人間の姿でゆっくりと休みなよ。


それじゃ、ボクは逝かなくちゃ


嗚呼、もひとつ、規約、をしっかりと読んでね?


じゃないと、君が狂ってしまうから――――――・・


それじゃっ
規約

管理人

刻み続ける時計

リンク

何時か使いたい名前

何時か使いたい名前(画像付き)

オリジナル小説

オリジナル小説(長編)

ボクへの伝言

ボクへ直接mailが届くよ





ブックマーク|教える




©フォレストページ