A Memory 第二章

□第23話・擦れ違う怒り…
1ページ/18ページ



その日の夜――。


親善大使の護衛として選ばれた為か、仲間全員がファブレ邸に一晩泊まる事が許された。


皆が皆。寝静まったであろう時間…


ガイの部屋にコンコンとノックが掛かった。

今日のジェイドの発言で考え事をしていた為か、少し遅れて部屋の扉を開ける。

その場に居たのは…


「?…アッシュ」


アッシュである。


「夜遅くにゴメン…。今すぐ応接室に来て欲しい」

「何だ?アクゼリュス行くに問題か??」

「……そんなもんだ」


気のせいだろうか…?アッシュの雰囲気がいつもと違う。

ドスの低いオーラ…。

明らかに不機嫌だ。


いや…怒っていると言った方が正解かもしれない…。




疑問符を浮かべたまま…だが雰囲気に勝てず、ガイはアッシュに言われた通り応接室に向かった。














―応接室―

ガチャリと中に入り、そこに居たのは思っていた人物達とは違う人物達。
てっきり自分の仲間達が来ていると思っていたが、その場にいる仲間はヴァン一人だけだった。

他にいる人物は…


「奥様…旦那様…」



ファブレ夫妻である。


.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ