A Memory 第二章

□第25話・旅路
1ページ/10ページ



―カイツール付近―



「“シュトロムエッジ”!!」

目の前に現れた魔物に対し、情け無用の鋭い矢が飛ぶ。
追撃と言わんばかりに、ナタリアの“エンブレススター”も放たれ魔物は鎮められた。


「ナタリア姫…凄いですね…」

「命中精度が宜しいようで…」

実戦経験がないとは思えない鮮やかな戦闘ぶりに、思わず歓声を上げるグランツ兄妹。


「ランバルディア流弓術マスターランクの実力をナメて貰っては困りますわ!」

実力のある彼等に褒められたナタリアは嬉しそうに、誇らしげに答える。

次いで「それと…」と付け加えた。


「私のコトは呼び捨てで良いと申しましたでしょう?アクゼリュス保護へ向かう以上、私が王女であるコトは内密にしなければなりません」

「…つか寧ろナタリアは、インゴベルト陛下に黙って来たからバレたくないだけだろ?」

「あら。アッシュは分かっているではありませんか」

図星を刺されたのを軽く受け流すナタリア。彼女も余程の天然らしい…

いくら姫からの許しとは言え、王女様を簡単に呼び捨て出来るはずもなく…既に慣れている赤毛とは対象に、グランツ兄妹はどうするべきか迷う。


「それに私…同じ年ぐらいの女性の友達が欲しかったの」

「…ナタリア姫」


『友達』と言われほのかに赤くなるティアの顔…


.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ