A Memory 第二章

□第26話・慈悲深き皇帝
1ページ/9ページ



―マルクト宮殿―

謁見の間にガイは立ち、目の前の王座の椅子に座る男性を見据える。
その隣には、共にバチカルから来たジェイドが立っていた。


「お前か…俺のジェイドを連れ、なかなか返してくれない奴らの仲間は…」

「……は?」

男性から発せられた言葉にガイは目を点にする。

「陛下。今は冗談を言ってる場合ではありませんよ」

「何だ…。俺は結構真剣だったのに…」

食えない笑顔のジェイドに構わず、普通に返す男性…。この人物こそ、マルクトの偉大なる皇帝…ピオニー・ウパラ・マルクトである。

それをガイはちゃんと分かっているはずなのだが…どうもインゴベルトとは違う軽い調子のピオニーに、本当に皇帝か…?と疑ってならない。



「……生きていたとの報告を受けた時は驚いたぞ…ガイラルディア・ガラン・ガルディオス…」


が、さすがに皇帝…。
本題に入った途端、どこか逆らえない威厳のようなオーラを醸し出す。

それに、間違いなく本物だ…と疑いを晴らし、ガイは静かに頷いた。


「…はじめまして陛下。私がガイラルディアでございます…」

立っていた体を傾け、膝をつき、肯定の言葉を吐いて頭を下げる。

再び上げた顔には、伯爵としての稟とした表情を浮かべていた。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ