A Memory 第二章

□第27話・世界の一部
1ページ/11ページ






―ND2000―


ローレライの力を継ぐ者キムラスカに誕生す。

其れは王族に連なる赤い髪の男児なり。


名を聖なる焔の光と称す。


彼はキムラスカ・ランバルディアを新たな繁栄に導くだろう。














―ND2018―


ローレライの力を継ぐ若者人々を引き連れ鉱山の街へ向かう。



そこで……







――若者は力を災いとし街と共に消滅す。――








これを機にキムラスカ・ランバルディアとマルクトの間で半期に渡り戦争が起こるだろう。








やがてマルクトは鎮圧されキムラスカ・ランバルディアを新たなる繁栄が導く。










これがマルクトの最期である――。


















ピピピピピピ…


ガチャッ



『モース様。ルークがアクゼリュスへと向かいました…』


「そうか…フフフ…これでスコア通り。ルークも馬鹿な奴だ。何も知らないとは言え、障気塗れの街へ行くなどと……アッシュはどうした?」


『…ルークと共にアクゼリュスへ』


「それは多いに結構。私が手を下さずとも奴もルーク共々死ぬ訳だからな…」


『…』


「全ては偉大なるスコアの通りに…。偉大なるユリアの予言通りに……ククク」


アーハッハッハッハッハ!!




.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ