A Memory 第二章

□第21話・揺れる焔
1ページ/15ページ



「!アッシュ!ルーク!」


―キムラスカ、バチカル城前―

帰ってきた彼等を迎えたのは、インゴベルトと話の決着を着けたナタリア達。

生きているアッシュを見、ナタリアは嬉しそうにアッシュ救出組に歩み寄った。


その後ろにはナタリアと共に残ったイオンと、先程まで拘束されていたジェイドとヴァンの姿…。



「!兄さん!!」


二人を見た瞬間――。ティアは余程心配していたのだろう…。解放された兄に抱き付く。


「ティア。…心配を掛けたな…」

「無事で…良かった…っ兄さん…」


兄妹の再会に微笑むジェイド。
と、そんなジェイドにアニスはタタタと走り寄る。


「大佐ぁ!心配しましたよぉ〜」

「ありがとうございます。さすがに今回はヤバイと思いましたv」


ニッコリとアニスに笑い掛けながら、「あなたは…無事ではなさそうですねぇ」とアッシュを見るジェイド。

ルークに今だ横抱きにされている状態のアッシュは、仕方なしに「悪いか…」と悔しそうに返した。



「四人共。アッシュ救出、ご苦労様でした」

「ティアだけの力では大変でしょう。私も、アッシュの怪我を治すお手伝いを致しますわ」


イオンがそう言った後、治癒術を掛けたが、まだ治りきっていないアッシュの傷を見、察したナタリアがそう申し出る。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ