ふたりぼっちのセカイ。


私が幼い頃 、大好きだった近所の優しいお兄ちゃん

あなたに再び会うまで、
私の記憶でのあなたは
ただ幸せなモノでした。

それなのに、再会した今はどうでしょうか─────。


あなたの微笑みの裏に
絶望があったとしても
私はあなたを、守りたい。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ