孤高のキミへ






──…僕達は、1つの歯車


この世界を回すための存在。


君が君の。
僕は僕の。

世界を動かそう。


今、君の眼には何が写る…?


知ってほしいんだ。

君が世界の、
創造主だと言うことを──…




3366




書物



ブックマーク|教える




©フォレストページ