Siratama-白珠-

「大好きですよ」ーーーーーそう言って頭を撫でてくれた感触、優しく向けられた眼差し。
どれも暖かくて柔らかな記憶。

なのに・・・


あなたを思い出せなくて。
出来るのなら、もう一度だけ私に逢わせてください・・・

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ