裏小説

フィオーレ王国
人口1700万の永世中立国
そこは魔法の世界
魔法は普通に売り買いされ
人々の生活に根付いていた
そして魔法を駆使して戦う者がいる
人々はその者達を『魔導士』と呼ぶ魔導士達は様々なギルドに属し
依頼に応じて仕事をする
そのギルドは国内に多数
その中である町にあるギルドが存在する
フィオーレ王国・マグノリアに本拠地を置く魔導士ギルド
その名を
妖精の尻尾(フェアリーテイル)

そのギルドは・・・
表と裏があった
表は、いつも通りの賑やかな騒ぎを起こすギルド
でも
裏は、いつもとは違くて
二人の魔導士が愛されている迷惑な御節介のギルド
その魔導士とは・・・
『ナツ・ドラグニル』
『ナツミ・ドラグニル』

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ