迷い混んだ子虎


まだ神楽達がいない時の出逢ってない少し前の話から入っていきます…。

ある日、銀時が雪の日の中拾ってきた子虎
その子は実は……





〈注意〉

この小説には流血表現があります。
駄目な方はブラウザバックをお願いします(-人-;)

それが大丈夫で問題ないと言う方は進んでください。

それとキャラ崩壊がございます。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ