俺は誰も信じていない。 


 いや、誰も信じない。



  自分自身も...




それでも、こんな俺でも



君が俺を信じてくれるなら


なってもいいと
   思ったんだ...





君の言う『仲間』って
  言うやつに...。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ